« ノーベル賞授賞式 今年度のベストドレッサーは? | トップページ | SFF(スウェーデン語学校)でのパーティーはお料理博覧会 »

いたるところでサンタールチーア♪ なルシア祭


         SFF(スウェーデン語学校)でのルシア祭イベント

去る12月13日(水)はルシア祭でした。
旧暦で冬至にあたるというこの日ですが、スウェーデンには一年で最も長い夜つまり12月12日(冬至が13日ならそうなりますね)の夜に悪魔がやってくるという言い伝えがありました。
この悪魔祓いをするため、翌13日の夜明け前に主婦たちは早起きして特別な食事の用意をしていたそうです。

ここでルシアについてもご紹介します(私が学校で習ったお話)。
ルシアは紀元前300年頃、イタリア、シチリア島はシラキュース生まれの美しい少女で、同じ街の裕福な男性との結婚が決まっていました。
しかしある日ルシアの母親が不治の病にかかってしまい、彼女は神に祈りを捧げます。すると夢に天使が現れてこう言います。
「あなたが決して結婚しないと誓えば、お母さんはきっと良くなるでしょう」
キリスト経の信仰が厳しく禁じられていたこの時代、婚約破棄に怒った婚約者が警察に彼女がキリスト教信者であると告発したため、ルシアは投獄されることになります。
しかし奇跡が起こります。人々がルシアを運ぶため馬で引きずろうとしますが彼女は微動だにしません。そこで人々は火炙りにしようと彼女の周りに小枝を集め火をつけます。それでも彼女は傷ひとつ負いません。
しかし奇跡もここまで。最後は剣で切りつけられルシアは絶命します。これが紀元前304年の12月13日のことだそうです。

この伝説により聖女としてあがめられるようになったルシアと、その命日の翌朝スウェーデンで行われていた魔よけの行事が結びついたというのが、現在行われているルシア祭の所以だそうです。
この日に向けて先週から合唱の練習をしてきましたが、サンタ・ルチアを含めて全4曲、それも全部スウェーデン語なので本番でもみんな歌詞カードを見ながら必死です。
さて役割分担ですが写真右手の女性がルシア、もちろん主役です。ルシア祭イベントの象徴ともいえる行進では白い衣装のルシアが頭にローソクの灯をともした冠をかぶり先頭を歩きます。その後から同じく白い衣装をまとった女性たち、サンタクロースとよく似た伝説の小人トムテニッセやファーンゴッセ(星の少年)と呼ばれる少年たちが続きます。
今年のルシア役はロシア出身でクラスで一番若い18歳の女の子、満場一致で決定です。

               私の学校のルシア かわいいでしょ?

彼女のように”ダントツに若い”という理由があると簡単に決まっちゃうのでしょうが、スウェーデンの各学校で行われるこのイベント、みんな同年代なのでルシア役は投票で選ぶみたいです。
また、大きなイベントでは新聞などでルシアを公募、選ばれた女性がルシアとなります。ほとんど美人コンテストです。

                  Solna駅構内で子供達が合唱

学校の中だけではありません。最寄り駅のSolna駅構内では近所の学校の子供達が集まって合唱していました。
その歌声たるや、コーラス部かな?と思ってしまうくらい美しかったです。私達のコーラス?それはもう、ブログで音声をお伝えできないのが幸い(?)です。
ルシアの伝説まで書いたのでかなり長くなっちゃいましたが、最後まで読んでいただきありがとうございます。

|

« ノーベル賞授賞式 今年度のベストドレッサーは? | トップページ | SFF(スウェーデン語学校)でのパーティーはお料理博覧会 »

クリスマス」カテゴリの記事

コメント

愛ちゃんママさん 
ベルギーは私も行きたいと思っている国のひとつです。
随分前ですがブリュッセル空港でのトランジットタイムを利用してちょっと街を散策したことがあります。すごく素敵な町並みでした。
考えてみたら愛ちゃんがいるので簡単に海外旅行という訳にもいかないんですね。
今回は愛ちゃんパパはお留守番のようですが、こちらへは何とか都合をつけてぜひお揃いでいらして下さいね(まだ先のことですが)。
mihoさん
女子学生が多いというのは写真を見てのご感想かしら?実際数えたわけではないですが、実は男性の方が多いんです。
ルシア祭の行列では男性が女性の後ろを歩くので、写真では男性の姿がほとんど見えないですが・・・
ホーカンはさすがスウェーデン人、よくご存知なんですね(当たり前?)ある生徒がどうやってルシアを決めるのか質問したのですが、先生もルシアの条件として「金髪、青い瞳、若く美しいこと」を挙げていました。
東海大学のルシア祭のイベント、私はネットで見ました。こちらの新聞でも取り上げられるなんてちょっと嬉しいですね。
ヨーテボリはストックホルムより日本人が親近感を持てる街のような気がします。前回訪問した時にそんな雰囲気を感じました(魚もこっちより新鮮で豊富だし)。
よーこさん
楽しいコメントありがとうございました。声に出して笑ってしまいました。
そうです、あの舟歌の「サンタァ~ルゥゥチィィアァ♪」です(昔スパゲッティーのコマーシャルソングでこの歌使われてませんでした?)。でも合唱なので、イタリアのおじさんが舟を漕ぎながら気分出して歌っているイメージは忘れてください。
もともとは弾んだ調子の3拍子ですが、ここではもっとスローテンポで歌われます。教会の聖歌隊の合唱を思い出してください。意外とマッチするんですよ、これが。
それとルシアの蝋燭の冠ですが、実は私の第一印象も「〇ッ墓村」(笑)。お互いムードないですねぇ・・・

投稿: miwa | 2006年12月20日 (水) 08時08分

スウェーデン語になると「ルシア」になるんですね!
私の住んでる所ではこの日の行事はないんですが、聖人ルチアはナポリの守護聖人らしいからナポリとか、聖ルチア教会があるところだったら何かやってるんだろうなぁ~・・・。
歌ってあの「サンタァ~ルゥゥチィィアァ~♪」っていうあのナポリ民謡の舟歌ですか??
イタリア語の歌詞だといかにも舟歌な感じですが、スウェーデン語バージョンでは「ルシア祭」にふさわしい(ってどんななんだ!?)になってたりするんですか??

ルチア役の女の子、可愛いですね~♪ピチピチしてますねぇ(この表現、ちょっと古い?)
でも、頭に蝋燭・・・日本だとホラー・・・って思ってしまった私って発想が貧困。。。失礼しましたf(^^;)

投稿: よーこ | 2006年12月19日 (火) 17時18分

 楽しそうですね。でも、学校の生徒は女性が多い!男性は、やはり夜間コースをとる人が多いのでしょうか。ルシアの女の子かわいいですね。やはり、ロシアは近いこともあって移民が多いのでしょうか。スウェーデン人に負けず、美人が多いですよね。私も来年のルシア祭は、参加したいと思います。
 ホーカン曰く、ルシアのイメージとしてはサラサラの長いブロンドヘアに青い瞳だそうです。ヨーtボリのルシアも、典型的なブロンドヘアに青い瞳でした。
 ヨーテボリの新聞では、よく日本のことが取り上げられます。東海大学に北欧学科があって軽井沢の教会でルシア祭を楽しむ生徒達の写真が掲載されてました。完璧なスウェーデン語で、歌ってたと記事には書いてありました。
 色々と慣れないことも多いと思いますが、私もがんばります。

投稿: miho | 2006年12月17日 (日) 21時06分

北欧は遠い寒い物価が高いというイメージがあるので、一番最後の旅行先と思っていましたが、考えを変えます(笑)。来年は最初フランスと思っていたのですが、オランダ・ベルギーのパンフを見たら4月のオランダのチューリップのキューケンホフ公園は春しか開園しないのと、ベルギーの世界で一番小さな村デュルビュイに泊まってグルメで有名な仏料理を楽しむというのが気に入ったので、JTBの「オランダ・ベルギー11日間のコースに申し込みました。愛ちゃんがいるので一人参加なのでツアーにしました。スウェーデンはさ来年くらいになるかも・・・その時は宜しくです。

投稿: 愛ちゃんママ | 2006年12月17日 (日) 11時56分

愛ちゃんママさん
北欧旅行、最後になる予定だったんですかー?ぜひ予定を繰り上げて早く遊びに来てください。
でもたしか次の旅行先はパリでしたよね・・・もしツアーじゃなかったら、ストックホルムへの寄り道も検討してみてくださいね。
これからもブログで楽しい行事をご紹介できるよう頑張ります。
私の学校は日本人は1人だけです。アジア系は中国3人、タイ1人、チベット1人、と少ないですね。
ここで猛威を振るっているのは、ロシア軍団(全部女性です)。人数は5,6人ですが、凄いパワーです。

投稿: miwa | 2006年12月16日 (土) 23時56分

スウェーデンの事って日本ではあまり報道されないので知らないことばかりなのでmiwaさんの記事はとても興味深くて面白いです。ルチア祭の事も始めて聞きました。今まで北欧旅行は最後だわ・・・と思っていましたが、miwaさんのおかげでより身近に感じられてなるべく早い時期に行って見たくなりました。物価は高いみたいですが、落ち着いて美しいところだと聞いています。miwaさんが楽しそうに暮らしているご様子が目に浮かびます。
スウェーデン学校も楽しそう!
お友だちもたくさんできたでしょうね。国際色も豊かそうですね。ルチア役の18歳の女の子も可愛いですね。日本人はもちろんmiwaさんだけなんでしょう?

投稿: 愛ちゃんママ | 2006年12月16日 (土) 21時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/184488/4564513

この記事へのトラックバック一覧です: いたるところでサンタールチーア♪ なルシア祭:

« ノーベル賞授賞式 今年度のベストドレッサーは? | トップページ | SFF(スウェーデン語学校)でのパーティーはお料理博覧会 »