« Alla hjärtans dag | トップページ | Real Group サイコー!! »

いじめ問題



今年のバレンタインデー、各学校は休校となりました(全国的にかどうかはわかりません。実際移民向けの学校SFFは関係ありませんでした)。

前回の記事でも触れましたが、そもそもバレンタインデーをそれほど派手に過ごさないスウェーデンでなぜ?
若者にこの日をハッピーに過ごさせてあげようという心配り?

いえいえ、そうではありません。
ここ最近、子供達の間でもプレゼントのやりとりが定着しつつあり学校内では一部の生徒が沢山のプレゼントを手にする一方で、何ももらえない生徒も。
このことが、近年深刻化しつつある「いじめ」に発展する懸念ありとの判断から休校となったようです。 



社会問題をひとつ取り上げて発表するという学校の課題で、何気なく取り上げた「いじめ問題」だったのですが、それ以来この問題がかなり頻繁にTVや新聞で取り上げられていることを認識するようになりました。
昨年6月には、いじめをした生徒を” たとえ両親の同意が得られなくても” 学校側が強制的に転校させられることが法的に可能になりました。
でも、この制度には今でも賛否両論。特に学校側が否定的な意向を示しています。
教育関係者は、いじめが深刻化して「強制転校」という事態に至らないように、各学校がいじめをした生徒への「処罰」をどんどん厳しくすることにつながると指摘しています。

こちらにいても毎日のように届いてくる、日本の中高生たちの「いじめ」や「自殺」のニュース。どうしてこんなことが起こるんだろうって、本当に悲しくなります。
こちらではあまり自殺のニュースを聞かないので、それほど深刻ではないのだろう、くらいに考えていましたが、学校の先生の話によると、実は後追い自殺防止のため公表しないだけでかなりの数の若者が自らの命を絶っているのだとか。


「Mobbning」-スウェーデン語で「いじめ」です。
いじめをした生徒を動かせば解決ー確かにそんなに単純な問題ではありませんが、国や自治体がかなり力を注いで問題解決に尽力していることは事実。
この文字を新聞で見る事が少しずつでも減少してくれることを願います。

写真はすべてAFTONBLADETより


|

« Alla hjärtans dag | トップページ | Real Group サイコー!! »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

よーこさん
イタリアでもですか~?! って当たり前か。他人同士、組織で過ごすうちに必ず生じる問題なんでしょうね。
ただ、私の中でのイタリアのイメージが(主によーこさんのブログを通して確立されてるんですが 笑 )いじめとは結びつかないんですよねぇ。
でも陰湿さがそれほどないと聞いてちょっとホッとしました。

陰口は嫌だけど、それがいじめにつながらないのであればそれほど深刻な問題にはならないのでしょうね。
まぁ、聞いている方は気分悪いけど、結局陰口たたく人が自ら品格を落としていることになるだけですもんね。
でも、裏で陰口をたたきながらチーム内のおつきあいをきちんとするということは、「表裏がある」ってことかしら。イタリア人の笑顔には気をつけないと(笑)

投稿: miwa | 2007年2月27日 (火) 00時06分

mimaちゃん
私もこちらに来て1年経つけど、いじめがこんなに深刻だとはつい最近まで知らなかったの。
だから初めて、強制転校制度の記事を読んだときには、それほど深刻な被害がなくてもこの国は対応策考えるのが早いなぁなんて感心したりしてました。
でも、先生の話のとおり報道を控えているだけだとすれば、実際にはどれほどの被害者がいるんだろう…考えたら暗ーい気持ちになりました。

この制度、記事にも書いたようにすごく物議をかもしてます。でも、うまく行くケース、行かないケースがある中で軌道修正されればいいと思ってます。
これまでは専らいじめられた子供が転校するってパターンが一般的だったところ、いじめっこへ警鐘を鳴らすことにはなるものね。

投稿: miwa | 2007年2月26日 (月) 23時54分

MIHOさん
そうそう「いじめ」自体は昔からありました。MIHOさんも経験ありですか…
私の小学校時代、いじめられる側には立ったことなかったけど、なぜか私の周りにいじめられっ子が多くて、先生に「○○ちゃんの面倒見てあげてね」って頼まれることが多かったんです。
で、しょっちゅうその子をいじめた男の子と大喧嘩してました(笑)
今思うとその後陰湿な仕返しをされたり、刃物沙汰になるようなリスクがなかったからできたんじゃないかしら。
今じゃとてもできないなぁ…
MIHOさんのいうように、助けてあげたくてもできない心苦しさを抱えて、ときに意思に反していじめに加担せざるを得ない子供たち、多いと思います。

投稿: miwa | 2007年2月26日 (月) 23時42分

スウェーデンでもいじめが問題になってるんですね。。。
イタリアではどうなんだろ?日本ほど酷くはないけどあるようだ・・・って言う話は聞いた事はあるけど。
「いじめ」って私が子供の時にもあったけど、必ずかばう子がいたし、いじめ方!?もニュースとかで見るような陰湿さはなかったような・・・
昔は今のように公表される事がなかっただけっていうのもありそうですが。。。

tomoさんのいう会社でのいじめもビックリですね!
ホント理解不能なんですがー!!
でも、旦那が言ってたんですが「イタリア人、会社内のいじめっていうか、陰口が酷い!!」んだそうです。でも同じチーム内でのお付き合いはキチンとするんだそう・・・。なので、いわゆる「いじめ」とは違うのかな?でも陰口が激しいっていうのも何だかコワ~イ!と思ってしまった!!

投稿: よーこ | 2007年2月26日 (月) 21時20分

スウェーデンもいじめ問題が深刻なんですね。
なんだか最近のニュースを見ていて私が学生だった
時よりもすごく深刻化してるなーって思います。
いや、昔は今ほど公表してなかっただけなのかも
しれませんが。。。
やっぱりどこの国でもいじめ問題はあるんですねぇ、
それにしてもいじめをした生徒が転校ってのはびっく
りでした。確かにそういう厳しい処罰があるといじめ
も減るかもしれませんね。

投稿: mima | 2007年2月26日 (月) 20時06分

 スウェーデンでは、いじめっ子を転校させるなんて厳しいですね。
 いじめって昔からあるけれど、近年のは悪質なのが多いような気がします。
 私も子供の頃は、おとなしくて全然しゃべらなかったので苛められました。しかし、6年生の時から突然友人の影響で性格が明るくなったので、全然なくなりました。
 一番イヤなのは、集団で苛めていて自分も仲間に入らないと、自分が次に苛められるという環境ですね。
 道徳の時間、復活してほしいです。
 美和さんの言う通り、私もこの問題を注意して見ていきたいと思います。
 

投稿: MIHO | 2007年2月26日 (月) 06時31分

tomoさん
そうそう、いじめは学校だけじゃないですね。複数の人間が同じ組織の中で行動するあらゆる環境で起こりうる問題。
でも、日本でもいじめっ子を登校させない制度の導入検討に入ったとは!! さすがに何かしなくてはという状況なのでしょうね。
スウェーデンでも未だに賛否両論、数々の問題含みのこの制度、日本でも簡単にはいかないとは思いますが、何か新しいことを導入するというのは良いことだと思います。
うまく行かなかったり失敗をしたら、修正してゆけばいいのだし。行動を起こさないことには何も始まらないですものね。

立場が対等じゃない状況でのパワハラ、卑怯だよね。
でも最近は、パワハラが原因で降格処分になったなんてニュースを聞くようになったから、少しは改善されつつあるのかなぁと思ったりはしてるのですが。
まぁ、そんなのは氷山の一角か…。

投稿: miwa | 2007年2月25日 (日) 01時44分

愛ちゃんママさん
今は「道徳」の授業なくなっちゃったんですか?!
私の小学校時代も「道徳」の時間は、みんな真剣に意見を出し合っていた記憶があります。
もし今なくなっているとしたら絶対復活すべきですね。

いじめる側といじめられる側、正反対でありながら実際紙一重の部分がありますね。
この関連の新聞記事で、ブログの中で取り上げませんでしたが「いじめっ子はすでに敗者。強制転校の制度は彼らをさらなる敗者にする」という見解が取り上げられていました。
もちろん、第一の目的としていじめられた子供を守るために設けられた制度ではありますが、最終的にはこういう制度が必要ない社会になることが理想的なのでしょうね。

投稿: miwa | 2007年2月25日 (日) 01時26分

マサさん
没個性と言われようが、集団の中で周囲に同化していると妙な安心感を覚えるというのはわかります。
でも、その集団心理がマサさんのご指摘のように「異分子の排除」の方向へ働くと、恐ろしい強大な力となってしまうんですね。
そして、こちらでも直接的ないじめだけではなく嫌がらせメールを送る等の陰湿ないじめが多く、それが単にいじめっ子を転校させるだけでは解決しないとの見解の一因ともなっています。

引きこもりの原因分析、なるほど…と感心しました。
異分子の攻撃がいじめなら、逃避行為が引きこもり。
どちらも根深い問題です。
今後もこの国の「いじめ問題」への取り組み方に注意を払っていきたいと思います。

投稿: miwa | 2007年2月25日 (日) 01時09分

どこの国にもいじめはあるんですね。
日本では今いじめた人が学校に登校しちゃいけない
制度を導入するか検討してるみたいですよ。
それで解決するのかって思いますけどねぇ。
いじめって何のメリットがあるんだって思いますよね。
私には全く理解できないんですが、
皆で仲良くしたほうが、絶対的に楽しめるのに。
でも会社に入って思ったのが、大人のいじめ。
その方がよっぽど陰険。
権力を片手に(パワハラ)いばってる上司や先輩をみてると情けなく感じます。
イジメって大人も子供も国も人種も問わないんですね。
何て悲しいことなんですかねぇ。

投稿: tomo | 2007年2月24日 (土) 17時36分

いじめってスウェーデンにもあるんですね。
日本でも1ヶ月前は何人も自殺してTVでも問題になっていましたが、TVに報道されなくても見えないところで日常茶飯事にあるのかもしれませんね。
それにいじめといじめられっこって紙一重のような気もしますし・・・人間の奥深くに潜んでいる罪なのかもしれませんね。
私が小学生の頃は「道徳」という授業があって「良心」とか「罪悪感」とか週1回そういうことを学んでとても良かったって思っています。
そういう心の授業が復活すればいいのにと思います。

投稿: 愛ちゃんママ | 2007年2月24日 (土) 10時20分

いじめは異分子を排除したい心理に起因するのかなあと
思っているのですが、そういう人・物を許容する大らかさが
減っている気がします。大手掲示板でも過剰に他人を
叩いたり煽ったりする人が多いです。読んでいる
僕も僕だけど(笑)。

異分子が多すぎて排除できないから自分をそれらから
守るために引きこもりになるんじゃないかなと
思ったりもしています。

ちゃんと検証したわけでもないので素人考えですが。

投稿: マサ | 2007年2月24日 (土) 10時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Alla hjärtans dag | トップページ | Real Group サイコー!! »