« 不惑 | トップページ | ノーベル賞授賞式 »

Pepparkakor

先週末、ファーストアドベント*を迎えたスウェーデン。
家々の窓には灯りが灯り、ストックホルムの街にもいろんなところでクリスマスマーケットが見られるようになりました。




Advent とは・・・昨年の日記でもちょっと触れています。↓

http://hejsvenska.cocolog-nifty.com/blog/2006/12/post_fdb1.html

クリスマスツリー用のもみの木やアクセサリーを並べたマーケットもあちこちで見かけます。これはスルッセン駅前広場。






さて、クリスマスといえばかかせないのがペッパーカーカですが、実はまだ自分で作ったことがありませんでした。

さしずめ英語圏のジンジャークッキーといったところだと思いますが、大人向けじゃないかと思うくらいスパイスの効いたこのクッキーは子供たちの大好物です。
昨年のクリスマス前に大量に食品を買出ししたときにArlaのおまけでもらった牛さんのペッパーカーカ型をずっとしまったままなのを思い出し、早速作ってみました。



バター500gと300ccの生クリームを買うともらえるおまけです

型抜き作業はCalleも参加しました(笑)




一応牛さんになってます(笑)

生地を作っているとスパイスの香りがぷーんとしてきてすぐに焼きたくなる誘惑をガマンガマン。一晩寝かせてから翌日焼きます。



レシピはスウェーデンのお料理レシピサイトのものをアレンジしました。↑Arlaのおまけのパッケージの裏にもレシピがありましたが、そちらでは生クリームになってます。
こちらのレシピを使うのもいいんですが、いつも思うのが「量」のすごさ。

オリジナルのレシピでは、



薄力粉15dlにお砂糖5dlですよ!!



いったい一度にどれだけ沢山作るんだか、こちらの人たちは・・・
というわけで、適当と思われる量に換算しなおしてちょっとアレンジしたのが下のレシピです。


  Pepparkakor のレシピ  
 
分量 : 約30~35枚分             小さじ1:5cc
 
 ・バター              80g
 ・グラニュー糖           80g
 ・シナモンパウダー    小さじ1強     
 ・ジンジャーパウダー  小さじ半分
 ・クローブパウダー   小さじ半分
 ・カルダモンパウダー  小さじ1強
 ・黒蜜シロップ         20cc
 ・      
 ・牛乳              40cc
 ・薄力粉             150g 
 ・ベーキングソーダ    小さじ半分

 * ベーキングソーダの替わりにベーキングパウダーを使う
   場合はやや多めに
 
 作り方
 
 1. バターは室温に戻しておきます
 2. バターが柔らかくなったらクリーム状に練りグラニュー
   糖、スパイス類、シロップを加え、よく混ぜます。その
   後で牛乳を少しずつ加えて混ぜます。
 3. ベーキングソーダを少量の薄力粉に混ぜておいたもの
   を加えて、混ざったら残りの薄力粉を加えます。
 4. 生地をまとめて冷蔵庫で一晩ねかします。
 5. 生地を薄くのばし、好みの型で抜いたら天板に並べ 
   200℃で5分程度焼きます


 * オリジナルよりバターが20gほど多いレシピです。やわ

   らかめの生地なので、クッキングシートの上で直接生

   地を薄くのばして型抜きする方法がおすすめです。

   


オリジナルのレシピはこちら
http://www.recepten.se/recept/pepparkakor.html


これからクリスマスに向けて、スウェーデンでは思いっきり太りそうな食生活が続きます。またひとまわり太くなってしまいそう・・・(笑)

日本のみなさんは忘年会シーズンに突入でしょうか。

お互い、健康管理を心がけましょう!!


|

« 不惑 | トップページ | ノーベル賞授賞式 »

クリスマス」カテゴリの記事

コメント

さこさん
お疲れ様でした~!!
小麦粉500g分のクッキー、私の前回の3倍以上ですから疲労度合いが想像できます(笑)
しかしお義母さま7種類とはすごいですね。さこさんもかなり大量のクッキーを焼かれたから、あわせたらすごい量のクッキー・・・。ご親戚が多いのかしら?
うちはもう少ししてから焼こうと話してます。たぶん今回の2倍量です。たいていのレシピでは生地を一晩ねかすようになってますが、ヨさんのmormorレシピでは二晩なんですね~。

さこさん、去年は御節つくったんだ~!! うちは作りませ~ん。御節に入っているものでCalleが食べそうなものが思い当たらないですから(笑)でもお餅が手に入ったらお雑煮は作りたいですね♪
でも今年はクリスマスの料理にアジア系を取り混ぜようかなとひそかに計画中です。

投稿: miwa | 2007年12月14日 (金) 06時37分

ふわー、今焼き終わりました。これ、1人でやるのはやめたほうがいいと思いました。去年は2人で型抜いたんだと思い出し。。私は小麦粉1kgのMormorレシピを半分で(500g)焼きました。義母さんは毎年1kgを焼き、7種類のクッキーを焼きますが、ほとんど食べないのは、きっと胸焼けするからだろーな。(笑)

生地を作るのはヨの仕事。(微妙加減が私にはわからないので)最低2日寝かせてから焼くのだけど、焼かないと米炊けない!(笑)

1月早々引越しするので、去年のように御節を作らない予定ですが、お雑煮は作ろう。Miwaさんは御節作りますか?

投稿: さこ | 2007年12月14日 (金) 00時25分

jasmineさん
”黒蜜シロップ”はmörk sirapのいい日本語訳が浮かばなくて味がそっくりで代替可と思われた黒蜜と書いただけなんです。
私の中ではmörkが黒蜜、ljusが白蜜です(笑)
mörk sirapはrågmjölでパンを焼くときにはお砂糖の替わりに入れるので常備してます。
 
これからは本当に肥満との戦いの日々ですねぇ。過去2回、この時期に一回り横に広がってます・・・
体重計、実はこちらに来てから恐ろしくて一度も乗ってません。気絶しちゃうかもしれないけど、現実逃避せずに一度乗るべきですよね(笑)

こちらのクリスマスは確かに日本のお正月。お店も休みになるところが多いし、”やるべきことはクリスマス前までに”って感じですね。

投稿: miwa | 2007年12月 9日 (日) 17時32分

美味しそうなペッパーカッカですね!黒蜜シロップって売っているんですか?Calleの型抜き姿、ほほえましいですね。

本当にこの時期、気を付けないと食べ過ぎてしまいますね。寒いから代謝も下がっているし、体重計が恐ろしくて避けています(ますます悪循環?)。

日本では師走と呼んで慌しい12月ですが、こちらではクリスマスがお休みのためか、日本よりも更に慌しい感じがします。もう少し寒くなってホワイトクリスマスになってくれると嬉しいのですが、、、。

投稿: jasmine | 2007年12月 9日 (日) 09時07分

さこさん
実はArlaのこの牛さんを見てさこさんを思い出したんですよ~。あのかわいい壁掛け、キッチンで活躍してますか~?
Mormorレシピってことはお義母さまの前の代から引き継がれたものなのかしら。すごいですね~。
うちは幸か不幸かCalleのママがすごく忙しく仕事をしていたので、お料理の秘伝レシピなどというものはないので、そういう気を使うことはないんですよね。
さこさんがいただいたレシピ、気になります~♪


プレゼント!! そうですね~、日本へ送るなら急がなくっちゃ!!

投稿: miwa | 2007年12月 8日 (土) 22時50分

Veritaさん
イタリアではクリスマスの定番クッキーってあるのかしら?
私も実はこちらに来るまでジンジャークッキーすら食べたことがなかったんだけど、今じゃ当たり前に(笑)
でもレシピを見てもらえばわかるようにジンジャーの味よりシナモンの風味の方が強いですよ~。
日本の子供が食べたら果たして美味しいって思うかどうか???
やっぱり小さい頃から慣れ親しんでいるから好きなんだろうなぁと思います。

アイシング、いいアイディアだよねー!! 実はパッケージの牛さんには模様が白くアイシングされているので、Calleがクリスマス前に焼くときは模様つけようって張り切ってるの。
型抜きと模様つけるときだけ参加するつもりらしい・・・(笑)

砂糖の量、確かにすごいよね~。
日ごろお料理でお砂糖使うとしてもたいした量じゃないから、改めてお菓子のレシピで○○gっていう数字を見るとギョッとして(笑)
それに確かに外国の”ヘルシー”感覚はちょっと違うねー(笑)

投稿: miwa | 2007年12月 8日 (土) 22時41分

おいしそうですね☆そしてとってもかわいいです♪
昨年、ダンナのMormorレシピで焼きました。義母は、7種類のクッキーを焼くお家で、去年はPepparkakorのレシピとGotlandbro:dのレシピをもらいました。(義母は全部渡すわといってたけど、焼くのが義母の楽しみでもあるから)焼いてる間の香りがたまらないってわかりますよ!

プレゼント・カード、もう日本に送っておかないと、間に合わなくなりますよね。。あちゃちゃー。。

投稿: さこ | 2007年12月 8日 (土) 01時41分

ジンジャー入りのクッキーは食べたことないので味が気になります!
なぜか私の中でジンジャーは大人というイメージがあるので
子供にこのクッキーが人気あるのがビックリしました。
牛のクッキー型かわいいですね!
できあがったクッキーもまたかわいい!
アイシングをしたらさらにかわいさUPしそうですね♪

海外のレシピってお砂糖どんだけ入ってるねんって
ビックリします。私はたまにライトという名の
ヘルシー料理を紹介した料理本を買うんです。
たまに日本でいう普通のおかしレシピと
お砂糖の量は同じちゃう?ってのあります(笑)

投稿: VERITA | 2007年12月 7日 (金) 23時58分

よーこさん
スパイスのいい香り、ブログでお伝えできないのが残念だわ~。
本文にも書いたけど、作っているときからいい匂いがしてくるので一晩寝かすのがかなりじれったかったです(笑)

イタリアではツリー明日なんですね。そういえばママさんのところできっこさんが8日に飾り付けってコメントされてましたね。
うちは多分来週末です。今のところアドベントのライトと玄関のリースだけ。まだしばらく地味なストックホルムです。

クリスマスディナー、毎年一緒ですから~(笑)
日本の御節と一緒です。食材を大量に買出しして前日から作って。あとはひたすら食べ続け・・・
去年の写真をアップしても変わらないんじゃないかと(笑)

投稿: miwa | 2007年12月 7日 (金) 23時43分

Kanaさん
Kanaさんも昨年がペッパーカーカデビューだったんですね!!
確かにこのクッキー、薄く焼くのでうっかりすると焦げちゃいますよね。
でもお母様のサバけっぷりが素敵♪ 
実際どこでも買えるこの時代、手作りする家庭は減っているのかも。その分、手作りされたKanaさんに感心されたんだと思いますよ。
ちなみに私も焦がすのが怖くて、焼き時間5分はきっちり守りました。後で生地が少々厚めになってしまったものが焼き不足だったため、少しだけ焼き直ししました。市販品のような濃い色ではないけど200℃、5分で十分でしたよ。
ぜひぜひリベンジしてください!!

投稿: miwa | 2007年12月 7日 (金) 23時31分

saradeさん
日本、予定通り帰られるんですね~♪
日記のほうでるかちゃんが水疱瘡にかかってしまったのを読ませていただいて、気にかかってました。
このまま広がらずに収まりますように・・・
ご主人も見事試験をクリアされ、ご家族で日本で過ごすクリスマスとお正月は最高のものになりますね!!
久しぶりの日本を満喫してきてくださいね。

投稿: miwa | 2007年12月 7日 (金) 23時22分

牛さんクッキーかわいいっ!しかもクッキーのいい香りが漂ってきそうです~♪

気付けばもう12月、街はすっかりクリスマスモードですね!
こちらも地味ながら街はクリスマスモードに突入してますよ~
・・・ただ我が家はまだまだクリスマスって感じがしなくって
ツリーも出してないし(イタリアでは明日がツリーを飾る日らしい
)、ちゃんとクリスマスを祝うかどうかも怪しい雰囲気であふれてます(爆)!
あぁこのままではいけないワ・・・(*`エ´*)

miwaさんちのクリスマスディナーの記事を楽しみにしてます!!

投稿: よーこ | 2007年12月 7日 (金) 23時21分

のたんちゃん
こちらのレシピは砂糖を含めて粉類はdl表示がほとんどなの。
だから注意しないと大変なことに・・・
たとえば同じ1dl(100ml)でも薄力粉だと50g、グラニュー糖は80g、シロップは120g etc・・・
コミュの方へはスペースもとってしまうのでレシピをアップしなかったけど、↑のレシピはgに換算済みだからぜひのたんちゃんも作ってみてね。
牛さんの型、偶然おまけでもらったものだけど、売っているのは私も見たことなかったよ~(笑)

アドベントカレンダー、手作りも楽しそうだね♪ 
私は去年Calleのママにもらったんだけど、かわいくて窓を開けるのにちょっと抵抗があってそのまま飾ってたなぁ(笑)

投稿: miwa | 2007年12月 7日 (金) 23時13分

mimaちゃん
mimaちゃんもペッパーカーカのファンだったのねー♪ 私が始めてこちらへ来たのがちょうど3年前のクリスマスだったから、glöggに始まりjulbord初体験、あとはどこへ出かけてもペッパーカーカっていう印象が残ってるの。
こちらではこのクッキーはクリスマス以外でも年中売られてはいるけどね。

確かにこちらのレシピは砂糖も多いけど、そもそも出来上がり量は半端じゃないから、すべての材料の量がものすごいよね。クッキー350個分とかパン50個分とか(笑)
クッキーは砂糖を少々減らしても比較的影響少ないと思うけど、パンは気をつけないと出来上がりに影響しちゃうものね。
あとはこの時期肝心なのが食べすぎ対策。これが一番大変ね・・・(笑)

投稿: miwa | 2007年12月 7日 (金) 22時55分

愛ちゃんママさん
こちらもクリスマスモードに入りつつありますが、まだまだ日本より地味ですよ~(笑)
この先まだわからないですが、ストックホルムは今のところ昨年同様かなり暖かくて雪もないのでロマンチックな雰囲気には今ひとつです。
このクッキーはもちろん食べるようですが、お菓子屋さんのショーウィンドーでは天井からつるしてあったり、ツリーのデコレーションに使われていたりとバラエティー豊かですよ。 
サイズですが大きいなぁとは思ったんですが、改めて測ってみたら10.5×8.5cmありました!!


クリスマス料理、もうすっかり私の仕事になってしまったので考えるだけでちょっと憂鬱に・・・
作るのに疲れ、そのあとしばらく毎日続くので今度は食べ疲れの日々です(笑)

投稿: miwa | 2007年12月 7日 (金) 22時42分

jordgubbsglassさん
jordgubbsglassさんのところはパートナーさんがglöggご担当でしたよね。ペッパーカーカはご一緒に作られるんですか?
こちらのレシピ、本当に仰天する量ですよね!! 
お料理本によっては少量用も表示してあることもありますが、だいたいがパーティー用かと思うくらいの量なので、換算するのが手間で・・・
私は秤は日本から持ってきたもので2kg用なんですが、10g刻みの目盛りがあるのでなんとかOKです。それ以下は軽量スプーンです。本当はデジタルがほしいんだけどなぁ・・・

投稿: miwa | 2007年12月 7日 (金) 22時26分

とても可愛いPepparkakorですね!
私も昨年初めて挑戦してみたのですが、かなり焦げてしまって、難しかったです。その焦げたのをめげずにパートナーの母親に持って行って「焦げてしまってまずいですが、食べられたらどうぞ。多分もう作らないと思うから、これが最後かも?」と言ったら、83才になる彼女は「あ~ら、今どき自分で焼いたの?凄いわね~。どこでも買えるんだから、無理して作ることないわよ、ハハハ~」って笑い飛ばされました!83才なのにサバけたお母さんです(笑)
でも、miwaさんのレシピを見て、リベンジしたくなりました!また作ってみようかなぁ~。

投稿: Kana | 2007年12月 7日 (金) 22時19分

フィーカさん
確かに動物型はよく見るけど牛さんは私も見たことなかったので、貴重なおまけ(笑)
お味といってもシンプルなクッキーだから材料そのままの味でしたよー。市販のと同じ味だーなんて妙に感心しちゃいました。
バターを増やした分ちょっと作業がしにくかったけど、風味はよくなりました。あと、スパイス類はもっと増やしてもいいかも・・・

フィーカさんはウォーキングですか。すばらしい!!
エスカレーターがあるとそちらに吸い寄せられてしまう私。せめて階段を使うくらいの努力はしないとなぁ・・・
フィーカさんを見習って、私もちょっと頑張ります!!

投稿: miwa | 2007年12月 7日 (金) 22時12分

mikittyさん
おまけにしてはなかなかかわいい型ですよね~♪
mikittyさんのところは毎年手作りなんですか?うちは今回がはじめてでした。
Calleは子供のときに型抜きをして遊んだのを思い出してやりたくなったらしいんですが、普段はお菓子類は作らないんですよ。
お菓子に積極的な彼がいて羨ましいなぁ。

量を減らしたんだけど、35枚くらいは出来てしまって。それにこの牛さん、けっこう大きかったから焼いた回数は5回以上・・・
防湿剤といっしょにしばらく缶に保管です(笑)

投稿: miwa | 2007年12月 7日 (金) 22時04分

ほんと、かわいくておいしそうです。
クリスマスごゆっくりお過ごしください。
わたしたちは日本にしばらく参ります。

投稿: sarade | 2007年12月 7日 (金) 19時27分

デシリットルって久々に聞いたから、「あれ?デシリットルって何リットル?」とか訳わかんないこと考えちゃいました。基礎学力がないと、こういう時に困ります。。

fikaコミュにもアップしてくださってありがとうございます!とってもかわいいペッパーカーカだけど、牛さんだとは…!
「牛に見えない」っていうよりも、「牛のクッキー型があるなんて…!」ってビックリしました。

私はアドベントカレンダーが欲しいと思って、探し中です。自分で作ろうかとおも思ったけど、自分で作ったら何を入れてるか分かっちゃうから、友達と作り合ったりしても楽しそうですよねー。

投稿: のたん | 2007年12月 7日 (金) 16時53分

Pepparkakaの香りが漂ってきそうです。すごいおいしそうだし、形も
とってもかわいいですね!私はそちらのスーパーで大量に買っていつもぼりぼり食べてましたが止まらなくなりますよねぇ。ほんと気をつけなきゃです。
スウェーデンのお菓子やパンって自分で作ると初めて砂糖やバターの多さにびっくりしますよね。スウェーデンでシナモンロールを作った時なんてレシピ見ながらその時点でえー!?こんなに。。。ってなって少し量を減らして作ったら苦くなりました。減らしても大量の砂糖だったのに。。。そうなると怖くなりますが、でもおいしいしシアワセなひとときを過ごせるからその分運動すればいいかなーなんて思ってやっぱり食べ過ぎちゃいます(笑)

投稿: mima | 2007年12月 7日 (金) 15時17分

そちらも、もうすっかりクリスマスムードですね。
北欧のクリスマスって素敵でしょうね!
牛さんのクッキー大きそうに見えますが、これって食べるようですよね。それともクリスマスツリーにも飾るのかしら・・・
Calleと2人で牛さんの型抜きクッキーを作っているなんて微笑ましい^0^
またクリスマスのお料理のブログ、楽しみにしていますから~!

投稿: 愛ちゃんママ | 2007年12月 7日 (金) 11時20分

こんがりと焼けておいしそうなペッパカーカ!私も作りたくなってきました。
レシピの量の多さのお話、同感です!!実は料理用量りをこちらで購入するときに失敗したことがあります。ごく一般的と思われる料理用秤をなにげに購入したら、最大目盛りが2Kgなんですよ!!そうなると、例えばバター30gなどという小さな値は量れません。。でも、確かにスウェーデンのレシピにはぴったりのスケールです。いくら料理の話とはいえ、職業上許されないミスなのでこっそり告白です。

投稿: jordgubbsglass | 2007年12月 7日 (金) 07時25分

すごい、牛のペッパーコッカーはじめて見ました。かわいい!!きっと、お料理上手のMiwaさんの事だから味もばっちりだったのでしょうね。

本当にこちらの、お菓子は砂糖の量が半端じゃありません。時々、学校から公園を通り、1時間かけて歩くようにしてます。
家に着く時には、体ポカポカです。→クリスマス対策で今から、肥満予防です。

HPも、クリスマス仕様にしたんですね。かわいい!!

投稿: フィーカ | 2007年12月 7日 (金) 04時46分

牛さんのクッキー型かわいいですね。うちもそろそろつくらなくちゃと思いつつ、テストが終わってからと言い訳をつけて伸ばしてますが、きっとそのうち彼が造り始めると思います。レシピの量半端じゃないですよね。確か去年は4~5回に分けて焼いたような気がします。
食べ始めると止まらずついつい食べ過ぎちゃうのでとても危険ですよね。

投稿: mikitty | 2007年12月 7日 (金) 04時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 不惑 | トップページ | ノーベル賞授賞式 »