« Pepparkakor | トップページ | Julfilm 2007 »

ノーベル賞授賞式

12月に入ってもずっと暖かい日が続いていたストックホルムですが、ここにきてぐっと冷え込みがきつくなり新聞によれば今日はマイナス5℃でした。
あまり寒いのは困りますが去年の雪なしクリスマスはちょっと寂しかったので、来たるべきクリスマスに雪化粧もいいかなぁと思ってます。

さて、学校の課題に追われているうちにアップするのがすっかり遅くなりましたが(毎度のことですが 笑)、今年も12月10日にノーベル賞の授賞式が行われました。
いろいろな方がすでにブログ等で取り上げられているようですが、ここでは去年も取り上げたディナーとファッションを中心にご紹介しようと思います。

去年の記事はこちら ↓
http://hejsvenska.cocolog-nifty.com/blog/2006/12/post_dba5.html




授賞式会場である市庁舎のブルーホール


ロイヤルファミリーが勢揃い
写真左シルヴィア王妃のドレスは日本人デザイナーYukiさんによるもの。
王妃は昨年も日本人デザイナーのドレスを着用でしたが、デザイナー名は確認できませんでした(ドレスの雰囲気からして同じ方という気がするんですが・・・)


今年DNの一面を飾ったのはヴィクトリア皇太王女の笑顔が印象的なこの写真
(ちなみに昨年はマデリーン王女とラインフェルト首相でした)
左は医学生理学賞受賞者マリオ・カペッチ(Mario・Capecchi)教授 
右は物理学賞受賞者アルバート・ファート(Albert・Fert)教授



前日の新聞ではこの日の席次からタイムスケジュールまで詳細にわたって紹介されていました。




さて、注目のドレスは・・・


今年、複数の新聞・雑誌で高い評価を得たのはヴィクトリアのドレス。
お気に入りのデザイナーPär Engshedenによるものだそう。


昨年の授賞式ではベストドレッサーの名をほしいままにしたマデリーン王女。相変わらずの美しさです。
英国のウィリアム王子に恋人との破局説が報じられたあと、お妃として熱望されているなんて噂がまことしやかに流れたほど国外でも注目されています。


カール・フィリップ王子
いつも女性ばかり取り上げているのでたまには♪


ラインフェルト首相夫人で自身も市議会議員であるフィリッパ・ラインフェルト
ロイヤルファミリーの女性たちに次いでドレスの品定めの対象になっています


ノーベル医学生理学賞を受賞した米ノースカロライナ大のオリバー・スミシーズ教授
(82)夫人 前田信代教授
東北大学理学部出身の前田教授は米ウィスコンシン大に留学していたときにスミシーズ教授に出会い、その後遺伝子の研究を志して同大学のスミシーズ教授の研究室に入ったとのこと。
ご夫婦で一緒に研究を続けられ、ご主人が晴れてノーベル賞!!
おめでとうございます♪
この日は同じく医学生理学賞を分け合ったマリオ・カペッチ教授のエスコートで。

さて、お次はノーベルディナーのご紹介です

まずは前菜から

Homard en daube avec flétan à l´aneth et oeufs d´ablette de Kalix
ロブスターのゼリー寄せ、オヒョウのディル風味ソテー、シロマスのキャビアにカリフラワーのクリームとりんごのサラダ添えて


つづいてメインです

Duo de coquelet avec terrine de pommes de terre "Almond" et céleri-rave
若鶏とサルビア風味の鶏ソーセージ、ポテトと根セロリのテリーヌ、シルバーオニオンのピュレ、アーティチョーク 赤ワインソース


最後はデザート

Marquise aux pistaches, framboises et cassis, accompagnée de glace vanille
ピスタチオナッツにラズベリーとカシステリーヌ、ヴァニラアイスクリーム添え

相変わらずお料理の名前が凝っていますが、中身はさほど高級という感じではないですね。
これなら、むしろ本格的なスウェーデン料理を出したほうが?なんて思ってしまうのは私だけでしょうか・・・


ディナーの後は黄金の間でダンスです

余談ですが、このあとマデリーン王女のお腹の具合が悪くなり治療を受けるというニュースが!!
なお、今はすっかり元気だそうです。

ノーベル賞・・・手の届かない遠い世界ですがTVを通じて伝えられる映像を見ているだけでなんだか優雅な気分になるのが不思議です♪



|

« Pepparkakor | トップページ | Julfilm 2007 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

Veritaさん
やっぱり国外ではそれほど話題にならないよね~。
でも確か、受賞者の一人はイタリアの人じゃなかった?
Mario Capecchi ってどうみてもイタリア人の名前に見えるんだけど(笑)

会場なんだけど、わかりずらい書き方でごめんなさい。
市庁舎のほうは晩餐会の会場で、授賞式のあと全員移動するんです。
一番上の写真は授賞式が行われるコンサートハウスなので、おそらく後方にあるのはパイプオルガンじゃないかな~。
はっきり答えられなくてごめんね。


お料理、日本でいただくフルコースっていうと前菜、スープ、メインも魚と肉があってその間に口直しのシャーベットまであって・・・というイメージなんだけど、こちらは基本3点みたい。
私たちの時も含めて、これまで出席した結婚式もみんなそうだったよ。
でも、それぞれがボリュームあるからお腹は一杯になるけどね(笑)
デザートは確かに日本のように見た目も味も繊細で、というのを求めるのは難しいみたい。
でも↑はなかなかシンプルで美味しそう♪

投稿: miwa | 2007年12月19日 (水) 09時49分

フィーカさん
結婚式(正確にはお式なしのパーティーだけだったんだけどね)思い出してくれてありがとう♪
もう2年かぁ・・・時間方が経つのってホント早いよね。


私がTVつけたときはピッピは終わっていたんだけど、評判悪かったのかー。
せっかくのアストリッド・リンドグレーンの生誕100周年イベントだったのにね。
フィーカさん、素敵なドレスを着る機会なら私たちだってこれからいくらでもありますよ~♪ 
”ノーベル賞晩餐会で”って意味なら一生ないかもしれないけど(笑)

お料理はね~、メインに鶏と鶏のソーセージを組み合わせなくても・・・(笑)
むしろ前菜のお魚のほうが美味しそう♪

投稿: miwa | 2007年12月19日 (水) 09時28分

こちらでは一切ニュースに流れなかったの知りませんでした!
もしかしたら流れてたのかも?ですが...

市庁舎のブルーホールなんですが
スウェーデンの国旗?の上にあるのはパイプオルガンですか?
もしかしたら見間違いですかね?

食いしん坊なのかお料理これだけ?なんて思っちゃいました。
よーく見たら結構な量ですね(笑)わたしもmiwaさんと同じで
スウェーデン料理を出したらいいのにって思いました。
でもデザートはとってもおいしそう!
見た目が美しいデザートってこちらに来てから
目にする機会がどっと減りました。こちらのおかしは
気取らず食べる、お母さんの味って感じだからでしょうか。

黄金の間はまたきらびやかですね!
これぞ豪華絢爛といった感じ!

投稿: verita | 2007年12月19日 (水) 05時44分

私も”愛ちゃんママ”さん同様にMiwaさんの日本での結婚式を思い出しました。着物の生地で作った白いドレスの綺麗な美和さんと同じ生地で作ったベストを着たCalle。素敵でしたね。

ノーベル賞は、ちらっとTVで見ましたけど長靴下のピッピの出し物は、評判今ひとつでしたね。

豪華絢爛すぎて、別世界。あんな素敵なドレス着る機会は私には、一生ないでしょう。お料理は、かなりこってり系なんですね。

投稿: フィーカ | 2007年12月19日 (水) 00時39分

のたんちゃん
うん、ドレス見てるだけでも目の保養でした~♪
のたんちゃんの好みは紫色?ということは首相夫人のドレスかな。
確かに日本人のイメージでは紫は上手に着こなせないと、ホステスさんになってしまいそう・・・(笑)
このノーベルディナーは晩餐会会場の市庁舎地下のレストラン(かなり高級店!!)で再現版をいただけるんだけど、なんと1,390kr(約24,000円)!! 一応シャンパン、ワイン込みみたいだけど。
日本からのツアーに組み込まれることが結構あるらしいんだけど、がっかりする人が多いみたい。
お値段がお値段なので普通は期待してしまうものね・・・

投稿: miwa | 2007年12月18日 (火) 07時55分

きれいなドレス、見とれちゃいました。
紫のドレスが似合う女性っていいなぁっていつも思います。

ディナーは、そうですね。思ったより普通…?なんですね。
丸ビルあたりで食べれそうな感じだけど、実際はすっごーくおいしいとか…?

去年のブログも見させていただきましたし、今年のもそうなんですけど、miwaさん、よく調べられてて素晴らしいですね!

投稿: のたん | 2007年12月17日 (月) 13時09分

mimaちゃん
そうか~mimaちゃん、あのお二人がダブル受賞した年にこの時期スウェーデンにいたんだねー。
やっぱり自国の受賞者がいると自分に直接関係ない存在でも妙に誇らしい気分になるよね。
でもスウェーデン語を始めて数日の段階で字幕で勉強なんてエライッ!!


あまりにもマスコミがマデリーン王女の美貌を取り上げるのに反発してか、ネット上の書き込みなんかでは結構「断然ヴィクトリア!!マデリーンは老け顔」なんていうのもあって人それぞれだなぁって(笑)
でも大方は美しい王女二人を大いに誇りに思ってるという趣旨の書き込みで、すごく国民に愛されているという印象です。
ヴィクトリアがきれいなのは恋人とうまくいっているせいだよね、やっぱり♪

投稿: miwa | 2007年12月17日 (月) 01時42分

愛ちゃんママさん
覚えてくださっていてありがとうございます。
こちらに住んでいても毎年ノーベル賞の授賞式があるので忘れにくくてgoodです♪
日本人受賞者がいる年ならともかく、日本では普通はそんなに取り上げられませんよね。でも今年は受賞者の夫人が日本人だったんだすけどね・・・
シルヴィア王妃のデザイナーなんですが、実は正式にはGnyukiTorimaruという”男性”だそうです。故ダイアナ妃のドレスも手がけたことがあるとか。ヨーロッパで活躍している方のようですね。
来年はどんなドレスが見られのでしょう。今から楽しみです♪

投稿: miwa | 2007年12月17日 (月) 01時14分

デザートがすごくおいしそうで釘付けになりました!私がちょうど5年前に行った時にノーベル賞の時期で田中サンと小柴サンがテレビに出ては嬉しかったのを覚えてます。当時はスウェーデン語が全くできなくて、ホームステイをしながら勉強するプログラムで行ってたので、夜はノーベル賞受賞者のコメントとかがスウェーデン語字幕で出るのを見ながら勉強してました。まだ初めてほんと数日だったので全然わからなかったんですが(笑)マデリーン王女はキレイなんですが、なんだか急に老けた気が。。。気のせいですかね?!ヴィクトリアは最近キレイになった気がするですが。ちょっと小麦色の肌の色が魅力的です☆
miwaさんのおかげでちょっと私も優雅な気分に浸れました(笑)

投稿: mima | 2007年12月17日 (月) 00時24分

12月10日というと、私にはノーベル賞よりもmiwaさんの日本での結婚記念日という方が印象に強くのこっているんですよ!
そして日本人がもらっていないので、今年は、miwaさんの記事で皇室の方のドレスや晩餐会のメニューに目がしっかり釘漬けになりました。
シルヴィア王妃のドレスのデザイナーは鳥居ユキさんなのかしら・・・?
日本ではひとつも話題になっていないのですよ。
不思議ですね。
でも身近にノーベル賞の話題があるなんてやっぱり本場のストックホルムにいるからでしょうね!

投稿: 愛ちゃんママ | 2007年12月16日 (日) 18時54分

よっけちゃん
そっかー、お引越し終えたばかりでTVはこれからなんだね。
楽しんでもらえたようで記事のアップし甲斐がありました♪
正直お料理のメニューの日本語訳をしたときは、
”なんだこのまどろっこしい言い回しはー!!”って途中で止めたくなったんだけどね(笑)


ドレスは確かにゲストのほうがきらびやかなのを着ていることが多いかも。みなさんそもそも気品があるから、そんなに華美なドレスは必要ないってことだよね。
メトロのベストドレッサーはヴィクトリアだったからCityの方かな?
メトロではシルヴィア王妃が今年も”また”日本人デザイナーを選んだって強調されたたけど、ヴィクトリアにつづいて☆四つだったよ。

うん、私”プチ”王室ウォッチャーかも(笑)でもCalleは日本人はみんなロイヤルファミリーが大好きだと思い込んでる・・・

投稿: miwa | 2007年12月15日 (土) 23時54分

Kanaさん
あら~Kanaさんも?うちにも招待状来なかったんですよ~(笑)
tv4のリポーターの男性、しきりにCalleが”絶対酔っ払ってる!!”って主張してました。
お料理は昨年もなんだかパッとしないなぁと思ったんですよね。でもレストランでこの再現版をいただくとすごいお値段だそうですよ~。
Kanaさんもヴィクトリアのドレス気に入りました?
たしかにドレスによっては筋肉美が強調されすぎることがありますよね。でもこのドレスはほどよくエレガントでクールな感じが素敵♪
個人的には二の腕カバー効果がありそうなところが特に気に入りました。自分が着るわけじゃないのに!!(笑)
ほほ~っプリンスはKanaさんのお気に入りだったんですね~♪
結構人気あるんじゃないかと思いますが、やっぱり美しい姉妹二人のほうがマスコミも取り上げ甲斐が・・・(笑)

混みすぎ。同感です!!
私もここに書かなかっただけで、あれこれくだらない心配をしてCalleに同意を求めては呆れられてます(笑)

投稿: miwa | 2007年12月15日 (土) 23時40分

マサさん
たしかにノーベル賞の公平性・部門設定などが疑問視されているのは事実ですよね。
部門については最も批判されているのが、ご指摘の数学賞ですがこれも”ノーベルの恋敵が数学者だったため”という説のほか諸説あるようで真偽のほどは定かではないですが。
ただ、あくまでもこの賞自体ノーベルという一私人の遺言によって設立されたものであることを勘案すると、完全な公平性を追求するのは困難ですよね。
数学のほかにも当時対象外であった経済部門について、スウェーデン中央銀行が賞を設け今では一緒に表彰されています。また、ノーベルの時代には想定していなかった発展を遂げた分野(環境科学、生態学、大気・海洋学等)については新設の必要性も叫ばれていますが、ノーベル財団ではこれ以上賞を増やすつもりはないため、数学におけるフィールズ賞のように他の財団等が賞を新設しているのが現状だそうです。


なお余談ですが、この日ストックホルムではブルース・スプリングスティーンのコンサートも開かれていたんですが、社会民主党(単独政党としては与党第一党よりも支持率が高く大きな影響力を持つ政党です)の党首はノーベル賞の祭典をボイコットしてコンサートへ行きちょっと話題になりました。
一般の人の間でもノーベル賞については賛否両論です。

投稿: miwa | 2007年12月15日 (土) 23時25分

未だTVがないため今年は見逃して残念だったのですが
miwaさんの詳しいレポートのおかげで楽しめました~
皆さんドレスのゴージャスさよりも、知性と気品が輝いているのがなんとも素敵ですなー
ノーベルよりSpringsteenをとったモナ・サリーンはよほど自信がなかったのでしょうか・・・

Cityかメトロでは、シルヴィアがベストドレッサーだったよ。
日本人のデザインとは知らなかった~
miwaさん、実は王室ウオッチャーですか?

投稿: よっけ | 2007年12月15日 (土) 20時08分

テレビで観ていました。ディナーへの招待状が来なかったものですから(笑)同時にtv4の人達のコメントや同じ食事を食べたりしているのも観てました。
私もなんか食事はパッとしないなぁーとか思いました。フランス料理風とか言ってましたけどね。
ヴィクトリアの「鍛えてるぅ~!」って言う体系が好き♪フェミニンなドレスが全然似合わない体系だから、こういう渋い系ドレスでよかった気がします。プリンスは何気でタイプです(関係ない?)。でも余りマスコミに取り上げられないですよね・・・
ひとつ気になっているのが、あのテーブル、凄く込み合ってません?隣とか後ろの人とめちゃ近い。トイレとか行けないーー!とかくだらないこと考えちゃいました(^_^;;

投稿: Kana | 2007年12月15日 (土) 18時55分

ノーベルはミッタク・レフラーと仲が悪くて
数学賞を創設しなかったという噂があって
あまり興味が無いのですが、田中氏がノーベル賞を
受賞したときの会社での職位がしょっぱかったとか
(世の中の、特に日本の理系の待遇低すぎ)いうことも
あり、ノーベル賞関係は色々考えさせられます。

投稿: マサ | 2007年12月15日 (土) 13時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Pepparkakor | トップページ | Julfilm 2007 »