« 2007年 ふりかえり | トップページ | 突然ですが、女子大生に・・・ »

スウェーデンの英語教育

昨年最後になるはずだった記事のアップが今年になってしまい、すでにみなさんと新年のご挨拶も交わさせていただいていますが、改めまして

新年、明けましておめでとうございます 今年もどうぞよろしくお願いいたします。

                           

お正月のまったりムードもなく2日から普通にお仕事を開始する人が多いスウェーデンですが、そろそろセムラ*が店頭にお目見えする一方でいまだにクリスマスのデコレーションが放置状態だったりするなんとも中途半端な状況です(笑)

*セムラについては↓ をどうぞ

http://hejsvenska.cocolog-nifty.com/blog/2007/02/semla_.html


http:http://hejsvenska.cocolog-nifty.com/blog/2007/03/bok_rea__4eb5.html//

さて、新年第1回目の更新ということで久しぶりにちょっと真面目に勉強関連のお話を書きたいと思います。
↑ なんだかスウェーデンの英語教育事情を知っているかのようなタイトルになってしまいましたが、そんな大げさなものではなくKOMVUX(成人向けの学校・高校レベル相当)で英語のクラスをとってみての私の所感ですのであしからず(笑)

昨年の記事にも書きましたが、8月より約2ヶ月ずつKOMVUXでEngelskaA,Bと履修しました。
うち高校の必須科目であるEngelskaAはスウェーデンの高校卒業の段階で履修し終えているためKOMVUXのクラスへ来ているのはほとんどが移民です(一部取りこぼしたと思われるスウェーデン人もいましたが)。
一方Bのほうは大学進学や就職のために必要となって履修しているスウェーデン人の若者がほとんどでした。


    
ABFで使ったのはBonnier社の「Improve your reading」と「同 listening」Nationaltestの形式に近い問題集です


英語を母国語としないヨーロッパの国々の中でもスウェーデンは最も英語力が高い国のひとつにあげられていますが、実際こちらに来てみて常々彼らの英語力の高さには感心させられていました。
英会話教室に行くわけでもなく、幼児英語教育に特別熱心だというわけでもないのに、みんなすらすらときれいな英語を話すのです。
スウェーデン語が言語学的にみて英語に比較的近いというのが理由のひとつではありますが、それ以上に大きな理由と見なされているのがTVでの英語番組です。
ドラマや映画などは圧倒的にアメリカ・イギリスのものが多く、それらがすべてオリジナル音声、字幕つきで放送されています。
小さい頃からTVを通して耳から入ってくる英語の音に慣れ親しむことで、自然と英語を聞く耳が出来上がるのでしょうね。
実際のところ、彼らにとって英語は特別な”外国語”ではないようで、スウェーデンの文部省の教育指針にも
「英語に加え、ほかの外国語をもうひとつ習得するのが望ましい」とうたわれているようです。


留学経験もなく、真剣に勉強したのは20年も前の大学受験くらいだった私の英語は、こちらにきてスウェーデン語に取り組みだしたとたんにすごい勢いで急降下。真っ先に衰えたのが「話す」ことで1年経つころには話そうとしても英語が出てこなくなっていました。
さすがにこのままではマズイという危機感からとったKOMVUXのクラスでしたが、久しぶりの英語の勉強はとても実り多いものでした。
実際、今回20歳前後のスウェーデン人たちと一緒に勉強してみて、日本の勉強方法との違いからくる英語力の違いを大いに実感しました。

最近では日本の中学、高校でもリスニングやスピーキングを授業に取り入れるようになってきているようですが、私が勉強したころは読み、書き、文法のみ。
今回のクラスでもリスニングでは苦戦するし、スウェーデン人の中にひとり混ざってのディスカッションでは彼らと対等に発言できるわけもなくもどかしい思いをしました。
しかし、一方で聞くことと話すことになんの問題もない彼らが、びっくりするくらい易しい(日本の中学校レベル?)ことを授業中に質問するのです。
これって、文法にこだわらなくても口頭のコミュニケーションは十分可能ということの証明でもありますよね。
ただそれも程度問題。流暢に会話していてカッコいいなぁと思っていたら、その人の書いた文章が間違いだらけでガッカリということも起こってきます。

やっぱり語学はバランスが大事。読む、書く、聞く、話すのすべてのバランスがとれてはじめてしっかりしたコミュニケーションがとれるものだと思います。
A,Bともクラス終了時にNationaltestがあるのですが、ここでも読む、書く、聞く 能力が試されます。話す方は別途コースの中でプレゼンやディスカッションを通して評価されます。
テストのレベルは結構高く、特にBの方のリスニングでは10分近いロングインタビューやニュース(試験用の録音ではなくすべて生のTV,ラジオの音声)を1回しか聞くことができないのでなかなか大変でした。
”耳”が発達する時期に音から入る学習をしてこなかった私は彼らのような”英語を聞ける耳”を持ち合わせてませんから、リスニング強化のためにはひたすらトレーニングあるのみ。

クラスで使ったCDつき教材もなかなかよかったのですが、テキストが掲載されていないため聞き逃した箇所をすぐに確認できないのがネックでした。
結局試験前のリスニング対策で活躍したのが、昔日本で買って持ってきていた 
↓ 「CNN ENGLISH」 です。
そうそう、一昨年こちらへ遊びにきてくれたtomoさん、shizuちゃんにも1冊お願いして買ってきていただきました。


  

一応KOMVUXでBまで終わったものの、継続していかないとまた同じことが起きるのは目に見えていますから、今後もひきつづき勉強は続けようと思っています。
実際、クラスが終わって英語に触れることをしなくなった途端に言葉を忘れつつある状況・・・
私にとってスウェーデン語の勉強が最優先ではありますが、ほぼ”英語はできてあたりまえ”に近い感覚のスウェーデン社会では、やはり一定のレベルの英語力があるに越したことはありません。
自分の中に勢いのあるうちに、ということでAmazonで評判のよかった本を2冊注文しました。↓
使ってみての感想など、また機会があったらアップしたいと思いますが、船便にしちゃったものでいつになることやら・・・(笑)



   


このブログに来てくださる方の中にも、スウェーデン語と平行して英語のクラスを履修されている方、また日本で頑張って勉強中の方が何人もいらっしゃいます。

勉強に終わりはないもの。
また、”これでいい” と思ったところで自分自身の成長も終わってしまうと思います。

みなさん、一緒にがんばりましょう!!   






|

« 2007年 ふりかえり | トップページ | 突然ですが、女子大生に・・・ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

フィーカさん
フランススキー旅行楽しかったですか~?
日記楽しみにしてるねー!!

英語は確かに”文法なら負けないわよ!!”って感じ。競ってもしかたないんだけど(笑)
Lärcentrumって知らなかったなぁ。うーん、知らないことが多すぎる・・・いつもフィーカさんに情報をいただいてる感じ(笑)
こちらではskolverketのHPで過去問にあたることはできるけどクラスを履修するにはvuxenutbildningでnivåtest受けないといけないんだよね・・・
何はともあれ無事スタートできてよかったねー♪
それに受験料500Krが戻ってくるのは嬉しいよね。

投稿: miwa | 2008年1月17日 (木) 07時45分

確かにスウェーデン人、英語会話上手ですね。でも、文法は日本人の方が得意なのでは?

私の方は、EngelskaAの試験の変わりにLärcentrumのHPでレベルチェックを自分でしてBレベル。無事にEngelskaBのコースをスタートしました。しかも、テスト受講料を返却してもらうことになりました。その節は、お騒がせしました。ちなみに私の使用する教科書は、「Progress GoldB」というものです。

最近、英会話レベルがかなり落ちました。スウェーデン語の方が、先に頭に浮かびます。日本語もあぶないです。

投稿: フィーカ | 2008年1月17日 (木) 03時46分

SOLEさん
よーこさんたちとのオフ会、楽しかったみたいですね~♪ 
「とっても知的で博識のある女性」?! そんな過分なお言葉をいただいちゃってどうしましょう・・・
うーん、どうりでくしゃみがとまらなかったわけね(笑)
でも、実際は↓のとおり、会話の中でbög(ゲイ)にしっかり反応してしまうレベルですので。
きっとSOLEさんにはもう見抜かれているハズ・・・

SOLEさんは、もう言葉の習得なんていう段階を超えて、イタリア生活を謳歌されているんだと思ってますから。
そしてイタリアからのエロスの伝道者!!(あっ、いい過ぎかしら?)

投稿: miwa | 2008年1月11日 (金) 05時24分

よーこさん
いや~、頑張るにしても若いときと違って限度がありますけどね(笑)
なにしろ、この国でお仕事をゲットするためにはできることは何でもやっておかないと・・・

あはははー聞き間違い大王ですか、よーこさん?(笑)
聞き間違いなら私も毎日やってますよ。
でも、意外と場がなごんだりするんですよね←言い訳?
でもこの間は親戚の集まりでbåg(うそ、いかさま)を bög(ゲイ)と聞き間違って聞き返して場を凍らせちゃったけど・・・

この国、ホントみんな英語を流暢にしゃべりますよ~。北欧は全般的に英語レベル高いみたいですね。
イタリア、スペインはあまり英語が通じないという話は聞いたことがあります。フランスなんかは英語で話しかけても無視されるとか・・・
まぁ郷に入ったら郷に従えとはいいますが。

投稿: miwa | 2008年1月11日 (金) 05時08分

先日、よーこどんと会った時にmiwaさんの話題が出て「とっても知的で博識のある女性」と聞き、すぐ納得。
文章力もさることながら、内容がいつも充実してますもんねぇーー。
私のふざけたブログとは大違いです(爆)

>勉強に終わりはないもの。
また、”これでいい” と思ったところで自分自身の成長も終わってしまうと思います。

((゚ー゚*)ンダンダ((。_。*)マッダグ((゚-゚*)ソノトウリ((。_。*)ダンベ
本当にそうですよねぇ。これでいいとは思ってないんだけど、放置している自分がいるので反省反省・・・
今年はもうちょっと成長したいですわ。

投稿: SOLE | 2008年1月10日 (木) 03時16分

いつもmiwaさんの頑張りぶりには頭が下がってしまいますよ~!
私もtomoちゃんと同じく英語もそうだし、語学には苦手意識がありまして・・・ヽ(;´Д`)ノ
ヒアリングもですね、日本語でも聞き間違い大王だから、もう大変ですよ!この間の買い物中にも一人勘違いの世界にいたし・・・(恥)
耳掃除ちゃんとしてるんだけどなぁ~・・と違う方向に思考が行ってしまう所がいけないのかも!(爆)

それにしてもスウェーデン!すごい!!皆が当たり前のように英語を話すとはっ!
イタリアでも観光地では英語を話す人も多くなってきましたけど、基本、流暢な英語を話す人ってそんないないですよ~

投稿: よーこ | 2008年1月 9日 (水) 19時46分

mimaちゃん
そうなんだよね~。
この国のことよく知らないと、スウェーデンの公用語が英語だなんて思っちゃうくらいみんな英語が上手(笑)
でも、今は日本もずいぶん英語教育が進んできたんじゃないかなぁ。普通の学校でもリスニングや会話を取り入れているっていうのはいいことだよね。
よく日本人が勉強してきた期間のわりに話せなくて外国人にびっくりされるなんて聞くけど、今までの学校の授業ではコミュニケーション取れるようになるほうが無理だものね。

ABFで使ったテキストは両方とも問題にかかわる部分は全部英語だけど、スウェーデンの著者・出版社なんで前書きがスウェーデン語だし、語句解説もスウェーデン語だったりしてやっぱりスウェーデン人学習者向けみたい。

今回は完全に英語の話に終始しちゃったけど、今年はスウェーデン語ももう少ししっかり身に着けないと。お互い頑張ろうね!!

投稿: miwa | 2008年1月 9日 (水) 00時45分

私も初めてスウェーデンに行った時にどこでも英語が
通じるし、小学生でもちゃんと喋れるのにすごく驚きました。
日本で国民の多くが英語が出来るなーんて日が来る日はまだまだ先になりそうですね。って、来るのかなー?!(笑)
ABFで使われてたテキストはスウェーデン語で書かれてる英語のテキストですか?
私も学生時代は文法中心だったので全然喋れないです。
今みたいにALTもそんなにいなかったし年一回授業で
来てくれるくらいだったので英語の授業もほとんど文法
ばかりでした。先生達も思いっきりジャパニーズイングリッシュでしたし(笑)
今は幼稚園にもALTが来てるみたいですね。
海外に行く度にほんと英語の大切さを実感してます。

投稿: mima | 2008年1月 8日 (火) 15時37分

Junさん
お久しぶりです!!
クリスマスフィルムにはあたたかいメッセージありがとうございました。
Calleもとっても喜んでました♪
”私が面白かった”ですか~?すべてCalleの仕業ですから(笑)

いつもお忙しい中時間を作って勉強されていたJunさんは私からみたら、”英語学習者の鑑”の存在でしたよ。
でもそのJunさんの勉強時間が減少気味っていうことはお仕事が相当お忙しいのでしょうか・・・

英語雑誌、いくつかありますが私個人的にはCNNENGLISHが気に入ってました。
確かに通常スピードのニュースは最初は難しく感じましたが繰り返し聞くことでだんだん慣れました。それに一部のニュースはゆっくりスピードで録音されたものも収録されてますよね。親切な教材だと思います♪

日本とスウェーデン、遠く離れてますがこれからもお互い頑張りましょう!!
夢なんていわずにご家族で遊びに来てください。楽しみにしています!!

投稿: miwa | 2008年1月 8日 (火) 08時08分

saradeさん
saradeさんもこちらで英語のクラスをとられたんですね~。
ということは今やっていらっしゃるドイツ語の前かしら?
言葉に関していえば、できるものなら子供に戻りたいって思いますね(笑)

試験でも一番大変だったリスニング、これからも頑張ってトレーニングを続けようと思ってます。

投稿: miwa | 2008年1月 8日 (火) 07時54分

マサさん
さすが理論派のマサさん、文法推進派なんですね。
やっぱり大人になってから新しい言葉を学ぶ上で、文法は大事ですよね。実際文法がいい加減なままだと、話すにしても書くにしても正しくoutputできないですからね。

おっ、中国語の発音がお得意とは♪ 
実は一部発音で似たところがあったりリズム感が大事だったり、中国語とスウェーデン語に共通点があったりするんですよ。
第3外国語にスウェーデン語はいかがですか?

投稿: miwa | 2008年1月 8日 (火) 07時46分

のたんちゃん
こちらこそ、今年もよろしくね!! 
なんだか、のたんちゃんの描いてくれていた私の幻の人物像がガタガタと崩れちゃったみたい。ごめんね~(笑)
英語は大学入試の2次試験でも必須だったから勉強する必要があったし、中高と普通の公立の学校の授業だけだったけど、好きな科目だったからそれほど抵抗がなかったのは事実。
でも、仕事で使うわけでもないから特に自主的に何かするわけでもなかったんだよね~。
今思うと、日本にいたときいつもwowowで洋画やドラマを字幕であるいは英語音声で見ていたのが少し役に立っていたかなという程度。
でも、読み、書き、文法のほうはともかく、会話に関していえばしっかり身についたものではなかったから、スウェーデン語に集中したとたんにガクッと衰えちゃったのかな。

こちらに来て改めて思ったのが、日本の英語教材はバリエーションが豊富なこと。しかも親切。
ただ必要に迫られる状況にならないと、せっかく材料があってもなかなか勉強するモチベーションを高められないのがつらいところだよね。
のたんちゃんはしっかり目標意識を持って取り組んでいて、いつも感心してます。
CDつきの教材を使えば日本にいたって十分英語力アップは可能だと思うよ。
一緒に頑張ろうねー!!


投稿: miwa | 2008年1月 8日 (火) 07時39分

tomoさん
最近は英語の勉強続けてないの~?
最後に書いた”日本で頑張って勉強している人”のひとりはtomoさんのつもりだったの・・・(笑)
でも、tomoさんの場合は海外でもばっちりコミュニケーションとれているから、わざわざ勉強する必要もないかな。
そうそう、あのとき買ってきていただいたCNNENGLISHはしっかり役立たせてもらってます。改めてありがとう!!

投稿: miwa | 2008年1月 8日 (火) 07時16分

大変、おひさしぶりです。
クリスマスにCalleから、ひさしぶりのメールもらって動画みたら、とってもFunnyで驚きました(楽しかったです^^Miwaさんがとても面白くて笑ってしまいました^^。すみません。。。)。

久しぶりにVisitしましたが、あいかわらず、充実したコンテンツで、感動しました。いつかスウェーデンに行ってみたいっていつも思います。現実なかなか難しいですが、夢は見たっていいですよね。。。

今回は英語のトピックでしたが、最近、僕も英語に触れる機会が減っているのを思い出しました。またぜひ触れていこうって思っているところです。CNNのBOOKは、何度か買って、CDも聞いたのですが、ハイレベルすぎてついていけず、挫折の繰り返しです。なにわともあれ、継続は力ですね。

Calleによろしくです。またの更新楽しみにしてます。Jun.

投稿: Jun | 2008年1月 8日 (火) 01時37分

ほんとよくわかります。
リスニングがとても難しかったことを思い出します。(過去になってますね)

投稿: sarade | 2008年1月 8日 (火) 01時13分

僕は文法推進派なんですよ。文法をちゃんと
やらない中学時代は英語は良く分からなかった
ですが、高校になって文法をやるようになって
言語としての英語の理解が深まった気がします。
もちろんヒアリングダメなので実用性皆無です。
お恥ずかしい。

発音は。。。中国人に中国語の発音が上手いと
言われたことならw

投稿: マサ | 2008年1月 8日 (火) 00時16分

改めまして、あけましておめでとうございます!今年も宜しくお願い致します。

ところで、今家で珍しくパソコン開いてるんですが(普段は仕事サボりながらなのです)、思わず「へぇぇぇっ!」って大声出しちゃいました。miwaさん、留学の経験ないんですか!?
miwaさんといえば、学生の頃は留学されていて、就職先でも英語をバリバリ使われてて…って、勝手に思い込んでました。さも事実かのように…。だって、だんな様とはスウェーデン語をマスターされる前は英語でコミュニケーションとられてたのですよね?今はどちらの言葉か分からないですケド。。なので、やっぱり100%とはいかないまでも、十中八九英語をモノにしてるのだろう、くらいに…。驚きでした。

英語、、というか、どんな言語でも、やっぱり難しいですよね。一番簡単といわれている英語ですら、やっぱり、マスターするのは大変。でも最初から何でも無理だと諦めずに、私も日本でできるだけのことはして、少しでもマスターしたいと思っています。

miwaさんとはレベルが全く違うので一緒にがんばりましょうなんて言いづらいですが、私も頑張ります!

投稿: のたん | 2008年1月 7日 (月) 23時05分

さっさすが…
返す言葉もござりましぇん。
英語…全く勉強してません。
学生の頃から英語は苦手で成績も良くなかったんで、どーも苦手意識が強いようです。
時間があれば勉強したいんですけどねぇ・・・
いつになるんだろう。

投稿: tomo | 2008年1月 7日 (月) 22時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2007年 ふりかえり | トップページ | 突然ですが、女子大生に・・・ »